このビジネスは、まだまだ成長途中ですが、多くの人をインスパイアしながら、ドキドキは続きます。初めてDataRobotを見たときに「これは行けるんじゃないかな」と思った感覚は、自分の中では随分前から確信に変わっていたけれど、多くの人にとっては、このイベントの体験が、いろいろな疑問を確信に変えるきっかけになったと思います。

機械学習アルゴリズムって「パターン認識にはすごく優れてるけど、いちいち教えてあげないといけないし、結局その結果が役に立つのかどうかって、つかってる人間次第じゃね?」ってことです。なので逆の言い方をすると今後人工知能には人間の奴隷ちゃんがつかないといけないということになっていくわけです。

PyData Tokyoは大企業・ベンチャー・学会など、幅広い場で活躍しているPythonistaの皆さんがバランスよく交流することでお互いを高め合い、最終的には「Python+Dataを通じて、世界のPyDataエクスパートと繋がれるコミュニティーを作る」ことを目標にしています。